鉄扉製作ででお困りのご担当者様、一人親方様へ


内倒し窓

内倒し窓


欄間に設置する内倒し窓を製作しましたのでご紹介いたします。

 

内倒し窓とは

うちたおしまど、うちだおしまどと読みます。
内側に開くタイプの窓で、主に採光や換気を目的としています。
形状としては滑り出し窓(外だし窓)と似通っていますが、
外に開くか、中に開くかという点で用途が大きく異なります。

 

欄間とは

らんまと読みます。
扉上部の枠と天井の間の開口部。
日本の建築においては古くから用いられており、
お寺を始めとした歴史ある日本の建物では
今でも美しい木彫りの模様を施した欄間を見ることができます。

内倒し窓のメリット/デメリット

内倒し窓は隣家との距離が近くても取り付けが可能であり、防犯性や気密性に優れますので
採光や換気のみを目的とした場合には重宝します。
しかし、構造上カーテンやブラインドを付けることが難しいです。

 

コロナ禍での内倒し窓

2021年7月現在では依然としてコロナ禍にありますが、
内倒し窓は密閉を避け室内の換気を任意に行うことが可能になるため、
感染対策の一環として新たに内倒し窓を設置される方もいらっしゃるようです。

 

内倒し窓の設計図


取り付ける金具や大きさの規模が異なるだけで基本は片開きのドアと似通った構造となります。
中央部分は後からガラスを入れますので、空間を確保しておきます。

鈴木製作所では既製品にはないものや指定の寸法での部材製作も行っております。
お困りごとやご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。鉄扉製作.com

Facebookはこちら

この記事は業務紹介に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

電話、FAXでのお問合せも受け付けております。
TEL:03-3688-1877
(平日8:00~17:00)
FAX:03-3688-1679

↑ ページの先頭へ

鉄扉製作.com 株式会社 鈴木製作所 〒134-0091 東京都江戸川区船堀5-9-10 TEL 03-3688-1877
Copyright ©Suzuki Corporation

お電話ください